三橋貴明公式ブログ

緊縮財政がもたらした命の選別

最新コメント(意見投稿自由)


株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「内閣府の経済財政に関する試算の恐怖」(前半)三橋貴明 AJER2020.8.2 令和の政策ピボット呼びかけ人に「ジャーナリスト 上島 嘉郎様」が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 日本人を消滅に導くという「ミッション(任務)」を帯びた消費税 [三橋TV第424回] 三橋貴明・高家望愛https://youtu.be/CmzvHnd2940 わたくしは、先進国、途上国について、◆先進国:自国の国民の需要を満たす供給能力を保有している◆途上国:自国の国民の需要を満たす供給能力を保有していない と、定義しています。 もちろん、話はオールオアナッシングではございません。国民の需要を自国のリソース、資本、人材、技術で100%満たせる国はないでしょう(アメリカでも無理です)。 つまりは、100%自国供給に近ければ近いほど先進国、遠ければ遠いほど途上国と定義しているわけでございます。あくまで、相対的な話ですね。 十年ほど前、わたくしはデフレが継続しているにも関わらず、緊縮財政を続ける日本国は、「やがて、国内の土木・建設の需要を、自国の企業、人材、技術では満たすことができず、中国「様」に橋を造ってもらう途上国に落ちぶれる」 と考え、警鐘を鳴らし続けました。何しろ、デフレが継続すれば、論理的に必ずそうなります。 もっとも、日本の途上国化、つまりは「需要」を「供給能力」で満たせず、国民が苦しむ状況は、土木・建設分野より先に、医療分野において訪れたようです。『“重症患者やリスク高い人以外 自宅療養基本に体制整備” 首相 新型コロナウイルスの医療提供体制をめぐり、菅総理大臣は、関係閣僚会議で、重症患者や重症化リスクの高い人には、必要な病床を確保するとともに、それ以外の人は、自宅療養を基本とし、症状が悪化すれば、すぐに入院できる体制を整備する考えを示しました。(後略)』 新型コロナウイルス感染症に感染するという国民の「需要」に対し、入院治療する医療サービスの「供給能力」が不足し、「自助」に委ねざるを得ない。国民の需要を満たす供給能力を保有していない。まさに、途上国ですね。 もっとも、8月2日時点で、緊急事態宣言が発令された六都府県において、新型コロナウイルスに感染して自宅療養している人は3万人に上っています。政府の方針は、「現状」を後追いしたものに過ぎません。疫病の患者を全員ケアできていない時点で、医療崩壊です。 すでに、我が国の医療サービス続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載媒体:三橋貴明公式ブログ
緊縮財政がもたらした命の選別

※各文章・画像は掲載媒体・および各媒体に表記の通りの権利者に付属します。

意見

アマテラスをフォローする

アマテラスをフォローする
タイトルとURLをコピーしました