あまちゃん

管総理の自助を考える。成功するということについて考える









  • 棄民政策としての日本のコロナ対策
  • 人々が死んでいくのを放置する日本政府
  • 市民をナメている日本政府

ゴミで有名なグローバリズム情報誌のニューズウイークでさえ、自民党にあきれて正論を書いている。
ただリベラルが強すぎて現代において国民を市民と訳すのはやめましょう。中世じゃないんだから。
シティズンシップは国家共同体の初期の頃の歴史的解釈論ですので、市民というのは、グローバリズムという衰退したビジネスボーダレス思想の現代においては、宇宙市民と同列ですので、日本の馬鹿総理のはなしをしているのだから「国民」と書きましょうね。
しかしここまでボロクソに書くって、摘採収か、あまちゃん一派かってくらい口悪いですよねw
てきなおさむは、行動する側を批判するだけで、問題解決のためになんも役に立たない、本は読むのでたまにうまいことを云うだけの哲学論者ですので、あんまり好きではないのです。中野剛志氏と対談しても、大体がなぞっているだけで誰かの引用がおおいので、ものすごく飛ばしてKK対談コラムは見てます。余談でした。

責任概念を取り戻さなければいけない。日本は安倍政権から菅政権にかけて、責任概念を国全体で喪失した。そしてコロナ禍でもそれを回復することはできなかった。私たちは今、その代償を払っている。

これは正論ですね。日本全体が責任を放棄している。
国民は政治から目をそらしている。めんどくさがっている。なんでも仕方がないと云う。
政治家は戦争責任を取らない。そのためにグローバリズムに守ってもらおうとする。献金をもらう。次の選挙が有利に働く。
こんな国家は国家とは言いません。ちょっと頭のいい人は、富裕層が自己責任といいだしたことで、格差拡大でパイの取り分をすべて独占したいと考えていると思いますし、総理が自助と言った時点で国民は政府主導でバトルロワイヤルをやらされるんだと思ったはずです。

まあ朝日新聞系続きで申し訳ないが笑、この総理は、まさにこういうことで業種によっては大打撃をうけても政府に泣きつくんじゃないよーってのをはっきり哲学してたんですね。
それでも是々非々で自民党と言っている国民の脳内麻薬量は、私も欲しいくらいです。おそらくパッパラパーでこんなブログですら書くこともできない、上念司のテンプレを貼り続けるロボットになるんでしょうかね。いやだいやだ。

竹中ホリエモン

事業をアイデアで成功させるのは素晴らしいことです。
これは讃えるべきです。しかし、成功とは運であることは誰だってわかっているはずです。
その運を掴むために努力をしているから素晴らしいんですね。
その掴むための努力は誰だってやっている。たとえそんなことと言われようが仕事に誇りを持ってみんなは働いている。成功者とはなんでしょうか。出世はしなくてもお金を持つことでしょうか。いいものを作ることでしょうか。尊敬されることでしょうか。金銭的には少なくても真面目に働いてトップに出世することでしょうか。株を買って運が良くて大儲けすることでしょうか。宝くじが当たることでしょうか。
ということなんです。
社会の中で成功すると云うことは、努力をして、社会に貢献をするということだと思いますね。いくらステータスが高くたって上司だって使えない奴は使えないんだから。それってなんの貢献をしているのですか社会に。個人主義の中では成功者なのかもしれませんが、だったら無人島で暮らしてくださいよ。

従ってけしてお金持ちになることではありません。それは自己満足ですね。
社会に貢献するということは、社会の中で役に立ったり、誰かを助けられることです。家族を持って子供を立派に育て上げるということもこれに当たるでしょう。

何かを治せる人、問題解決をできること、ものを作れること。
なので周りを見渡すとですね、出世をしたからと言って、これらのことをできる人は少ないわけです。ましてや責任をとることを回避している側面がある。出世のために経歴に傷をつけたくない。リスクのある投資をしたくないので短期主義になる。
口だけ勇ましくて公爵ばかり垂れている、大企業の社員が何ができたのでしょうか。実際にはクライアントから技術的な質問をされると、その配下の優秀な技術者に丸投げして、自分名義で客先とやりとりしているなんてことはよく見受けられます。これが能力主義なんでしょうか。
今の自民党をみればわかりますね。こんな世の中にしたのは自民党の無責任です。

その成れの果てがオリンピック開会式だったのだと、皆気付かなければなりません。
中間搾取するものが、蓋を開ければなんの能力もなかったということです。何が能力主義なんでしょうかね。笑ってしまいます。
だいたいが反緊縮勢が政府に対して声を上げているときに「くれくれ乞食」と揶揄してエリート気取りのひとっていうのは、たいてい株乞食だったり、タメ口すぎて大物に見せて、中間搾取しかできない口が達者だがスッカスカで声がでかいやつだったりするわけです。
この実力も能力もない出世しか見えない人や短期主義投機の人たちの行為が、成功しているということであるならば、この国は中から滅亡します。終わります。

こういうクソ野郎がはびこっているので、真面目に働いている人はデフレの中で給料も上がらず、「成功するということはなんなのか」「働くということはなんなのか」ということを永遠の謎にしてしまい、途方に暮れてBIで金をばらまけという逃亡理論を語る人が出てきてしまいました。ユートピア救済願望はリベラル宗教家だけにしてくださいね。我々は普通にいきていくんです。
労働とは尊いことです。富国と強兵がなければ国家は滅びるからです。誰でもわかる理屈です。だからって斜に構えなくていんですよ。私も失敗と成功を繰り返しています。これは年を取ってもそうなんだろうと。落ち着くことなんてないんだろうと。ジジイになってもトラブルで徹夜するんだろうと。実際私が若手だった頃は普通に白髪のおっさんが徹夜してました。この人しか治せないんだから仕方ない。それは素晴らしい名誉なことなんですね。

あるお笑い芸人(とろサーモン久保田氏)が若手へのメッセージで、「この仕事を10倍努力するんだったら、それは違います。100倍この仕事を好きになっほうが早い。」といった。ちょっとこの人、上沼恵美子批判したんで好きじゃなかったんですが笑笑、泣きそうになった。
この言葉は多くの悩める人、辛い思いをしている労働者を救うことになります。

昔は多くの職人がいました。日本の宝ですね。そうやって日本のものづくりは「Japan as No.1」ようは日本型経営や、日本型雇用や、日本の品質保証が世界を轟かせました。これはまさに働くことが好きだった日本人といういよりは、ある程度の報酬や、インフラなど働く環境が整っていて、やれば認められる世の中だったからこそ、みんなモチベーションを維持できた。将来の夢が達成できる国だったことを証明しているのではないでしょうか。

90年アメリカの政治的な理由により公定歩合政策金利で金融引き締めを制御できなかった日本が、アメリカのせいでバブルを崩壊させ、浮かれすぎていたバブリーな運が良かっただけの中途半端な経営者たちは、続々と借金を抱え逃亡し、真面目に働いていた仕事が好きな労働者は、その煽りを受けても、気を引き締め仕事に没頭していたからこそ、95年くらいには景気が上向きになっていた。

そこに登場したのが、楽をして金を稼ぐ能力主義者の竹中平蔵が、大物国際金融資本ゴールドマンサックスなどと一緒に開国しなさい、日本型経営はだめですので、構造改革をしましょう。銀行は不採算であれば統合しましょう。M&Aで買収しても受けるのはゴールドマンサックスはげたかファンドでした。
アトキンソンがこの時に大活躍したわけです。売国の。

こうして、自己責任能力主義という運が良かっただけの人間が、真面目で勤勉で仕事が楽しいと思って働いていた日本経済をぶっ壊したのです。

小泉から安倍晋三で日本はガタガタな経済になり、中国が台頭してもなんの手も打たず国賓として招聘するのは、政治が戦争という責任をとりたくない証左であり、ゴマをすることで政権をもたせたいという表れです。

そして、オーラスが管政権です。もうこの国はダメなのは確実ですが、だからと言って正しいことを捻じ曲げられ続けてはいけないのです。正しいことをすれば道は切り開ける。
このことを我々日本人は、もう一度再考する時なんだと思います。

すべての国民が格差なく好きな仕事ができて、仕事を楽しんで、その先に頑張れば、車が買える、家が買える、家族が作れる。
そんな当たり前の未来なんて、政府が変わるだけで実現できるんです。(今の日本だと、だいぶ自民党に壊されたのでちょっと時間はかかるんですけど大丈夫)

日本は自国通貨を持っています。円です。
誰が作って発行しているのか。政府です。
政府が公共事業や社会保障で、中央銀行に指示をして国債を発行したりする、別に国債を発行しなくても通貨として預金通帳に記帳して通貨を支払ってもいいです。
ですが国債は金利がつくので民間銀行の資金になるので保有したいわけです。ですから国債で通貨発行されるのです。
これがお金を作っている行為です。
見ての通り必要だから作っているんです。毎月決まったお金を作っているわけではなりません。誰からも借りているわけではありません。政府が国のために国民のために必要だから作るんです。というか中央銀行のオペレーションを見ればわかるので反論する人は理解していないということです。
それではお金を勝手に作りすぎたら通貨の信認がとか国債の信用とか大丈夫なのかっていう人がいますけども・・大丈夫なんです。自国で消費するだけなんだから。そういう国債を金融資産だと思っている人の理論を持ち込まないでください。純粋に財政支出という国家運営の話をしています。
それじゃ貿易とかはどうするんだよ。それは為替レートで(事実上覇権国である米国)基軸通貨のドル換算されて取引されているので、国民が心配する必要はありません。為替の市場が相場によって決めているんです。
ただしー。もし懸念があるとしたら、日本が輸入に頼って貿易赤字、つまりトータル経常収支の赤字が膨らんだ時には当然ながら円が弱くなってしまうので、そうならないように政府が自国通貨を発行して、防衛、産業、インフラ、食などの一次産業、国民の医療や生命や誕生を守っていかなければならないのです。
いいですか。供給能力が一国で盤石でなければ、大東亜戦争で何も学んでいないということになりますよ。他国に頼っている時点で安全保障としては脆弱です。しかも為替レートで円の価値が本当に下がります。輸入に頼る国は後進国といいリスクの多い国という理由がここにあります。レートの話は円高円安ですので、普通に考えればわかりますね。輸出国の場合は円高傾向。輸入国であれば円安傾向。足し算引き算の話ですから割愛します。輸出国を目指せというのではなくて、保護貿易をしても内需を充実させる国でなくてはなりません。
自由貿易をして防衛を他国に任せ、進んで属国になり、自国の産業を守らない。だから今の緊縮は日本滅亡まっしぐらなんですよ。これじゃ日本おかしくなっちゃうわってわかるから私は怒っているんです。
自分で自分の国を貧困化させているから腹が立っているんですよ。反緊縮派といわれる人たちは、だから政府に苦言を言っているんです。
超積極財政をしろといっている日本第一党の公約の意味がわかっていただけたら幸いです。
これがケインズ的マクロ経済政策なんです。適当に行っているわけではないんですよ。中央銀行制度であり、国定信用貨幣論であり、機能的財政論です。総じて現代貨幣理論(MMT)です。
財政破綻する〜といって国債発行して国民を救うことに対して批判している株乞食のバカは、富を独占する前にこの国終わるんだからバカを露呈して批判してくるんじゃないよ。笑われるぞ人殺し。


こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。
ご協力よろしくお願いします。

掲載媒体:あまちゃん
管総理の自助を考える。成功するということについて考える

※各文章・画像は掲載媒体・および各媒体に表記の通りの権利者に付属します。

意見

アマテラスをフォローする

アマテラスをフォローする
タイトルとURLをコピーしました