解散総選挙と「日銀保有国債の一部永久国債化」


株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「地方自治体も貨幣の発行者になれる」(前半)三橋貴明 AJER2020.9.13 令和の政策ピボット呼びかけ人に「株式会社マネネCEO・経済アナリスト 森永康平様」が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 【チャンネルsayaカバーアルバム発売記念配信LIVE】https://in.saya-ohgi.jp/sayalive_211023_3000※CD「カバーアルバム よりそうもの。」のご購入はこちらhttps://saya-ohgi.jp/SYORI/house/550/lp01/ 2001年 小泉内閣に竹中平蔵を送り込んだのは「誰」なのか? [三橋TV第455回]三橋貴明・高家望愛https://youtu.be/pho2XM3U5u8 財務省トップが文藝春秋でデマ拡散「日本は財政破綻する」という大嘘! (室伏謙一)動画をご覧いただきありがとうございます!ぜひ、チャンネル登録、高評価、コメントをお願いします。チャンネル登録はコチラ▶︎http://dpweb.jp/38YouTube室伏謙一の『霞が関リークス』公式チャンネルはコチラ▶︎https://www.youtube.com/channel/UCBXmzsEMl6mg…youtu.be 【RE:明るい経済教室 #41】計算された失政、竹中大臣時代に変更された内閣府のマクロ経済モデル[R3/10/13]アフターコロナの経済サバイバルを生き抜くための基礎知識を、三橋貴明が務めて明るく解説していきます!出演:三橋貴明(経世論研究所所長)※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解…youtu.be いよいよ、本日、衆議院が解散されます。総選挙です。『きょう衆議院解散 19日公示 31日投開票 各党事実上の選挙戦に 岸田総理大臣は14日、衆議院を解散し、衆議院選挙が今月19日公示、31日投開票の日程で行われることが決まります。 新型コロナウイルス対策や経済政策などが争点になる見通しで、各党は事実上の選挙戦に入ります。(後略)』 解散に先立つ参院本会議で、岸田文雄総理大臣は、国民民主党の大塚耕平議員の質問に答える形で、「日銀保有国債の一部永久国債化」及び「教育国債」について、「慎重に検討する必要がある」 と、回答しました。 日本の国会で「中央銀行保有国債の永久国債化」が議論される時点で、格段の進歩です。 国民民主党が公約として掲げた日銀保有国債の永久国債化とは、文字通り、日銀が保有している国債の一部を「償還期限がない債券(※国債とは「国庫債券」の略)」に変えてしまうというものです。 一般的には、永久債は償還がない代わりに、通常の債券よりも高金利になるのですが、日銀保有国債の場合は関係ありません。何しろ、日本政府と日本銀行は親会社-子会社の関係にあり、政府が利払いをしても、日銀決算が終わると「国庫納付金」として戻ってきます(税外収入になります。平成31年度は7200億円程度でした)。 もちろん、別に永久債にせずとも、日銀が保有する国債はひたすら借り換えがされていくのですが、一応、名目的には(実質的ではなく)「国の借金」とやらに「見えます」。日銀保有国債を永久債に変えると、名目的にも「借金」から消せるわけです。 同時に、日銀保有国債(の一部)を永久債にすると、その分の国債費が消えます。実際には、国債費で償還しつつ、反対側で国債を発行し、借り換えをしているわけですが、それも不要になる。 国債はいつも通り発行し、日銀保有分の償還に続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載媒体:三橋貴明公式ブログ
解散総選挙と「日銀保有国債の一部永久国債化」

※各文章・画像は掲載媒体・および各媒体に表記の通りの権利者に付属します。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!