三橋貴明公式ブログ

ありがとう、矢野康治・財務事務次官


株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「財政破綻論の断末魔」(前半)三橋貴明 AJER2020.11.9 令和の政策ピボット呼びかけ人に「株式会社マネネCEO・経済アナリスト 森永康平様」が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 刮目せよ! 立憲民主党の次の代表が「誰なのか?」が歴史を変える! [三橋TV第467回]三橋貴明・高家望愛https://youtu.be/XtxCWEh0Usw シンガーsayaの3分間エコノミクス【第9回 経済成長率】動画をご覧いただきありがとうございます!ぜひ、チャンネル登録、高評価、コメントをお願いします。チャンネル登録はコチラ▶︎http://dpweb.jp/38YouTube* * * * * * * * * * *▶【チャンネルsaya】はこちらです。https://www.youtube.com/channel/…youtu.be 時局2021年12月号に連載「三橋貴明の経世論 第56回 矢野康治財務事務次官と「日銀」」が掲載されました。 矢野論文を切っ掛けに、財政に関する議論や政治的動きが始まりました。 西田昌司参議院議員によると、自民党は「悪名高き」財政再建推進本部を解体し、財政破綻について検証する組織を造るとのこと(委員長は、西田議員)。 これは、大きい。  財政再建推進本部は2014年、政調の一組織として、これまた悪名高き緊縮財政派、稲田朋美が政調会長の時代に作られました。本部長は、政調会長が兼任。 財政再建推進本部設立以降、自民党は「党として」PB黒字化目標を内閣に提言する状況になってしまいました。 その財政再建推進本部が解体され、新たに「財政破綻論を検証する組織」が政調内に作られる。これは、本当に大きな話です。  矢野が、あのバカげたというか、内容が出鱈目の寄稿をし、「選挙」に影響を与えなければ、ここまでの動きにはならなかった可能性がある。ありがとう、矢野康治・財務事務次官。  元・内閣官房参与の浜田宏一教授が、なぜか「MMTを支持する立場」から、矢野論文を批判しています。『「日本は『世界最悪の財政赤字国』ではない」アベノミクスの提唱者・浜田宏一が“矢野論文”に反論(前略)さらに浜田氏は、「自国通貨を発行している政府は破産しない。政府は必要に応じて貨幣発行すれば、債務超過は解消できる」という学説(MMT=現代貨幣理論)の根幹部分を支持する立場からこう論じる。(中略) この先、無制限に債務残高を増やせばどうなるか、ご心配な方もいるでしょう。例えば、国の借金のGDP比256%が1000%になったらどうなるか。 私は大丈夫だと思います。まだ国債を買ってくれる人はいるでしょう。ただし、もう1桁上げて10000%が大丈夫かと言われれば、それは難しい。それは国債を買ってくれる人がもういないからです」』 ???。「自国通貨を発行している政府は破産しない。政府は必要に応じて貨幣発行すれば、債務超過は解消できる」 は良いとして、「国債を買ってくれる人がもういない」は「はてなマーク」です。日銀が買い取ればいいのでは? と続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載媒体:三橋貴明公式ブログ
ありがとう、矢野康治・財務事務次官

※各文章・画像は掲載媒体・および各媒体に表記の通りの権利者に付属します。

意見

アマテラスをフォローする

アマテラスをフォローする
タイトルとURLをコピーしました