カジノに必死になって公費負担するのに、生活に必要な医療費は削る大阪維新の会の謎。


なるべく毎日更新しております。こちらクリックしてもらえると周知力があがります。


いつも拡散頂いている方には感謝申し上げます。
  

今日はめちゃくちゃ忙しくて飯もまともに食ってないのでブログ書く暇もなかったわけですが、毎日更新の記録のために簡単にニュースにツッコミを入れていきます。

【1月14日 CNS】中国の国家鉄道局はこのほど、第14次5か年計画(2021~2025年)における鉄道の技術革新計画を発表した。2025年までに輸送サービス技術の強化、技術のインテリジェント化、安全技術の改善、低炭素技術の導入など、世界をリードするレベルに技術水準を向上させる。

 計画では、技術革新のため6つの「重要な任務」を提示。①高速度走行を可能にする車輪とレールの開発や、時速600キロの高速リニアモーターカー、チューブトンネル型高速列車などの開発推進②建造技術におけるブレークスルーや防災・減災技術の開発推進③旅客・貨物輸送サービス・効率の向上④スマート鉄道技術の研究開発強化、輸送ビッグデータの共有⑤安全予防制御システムの開発促進と緊急救助能力の向上⑥環境に優しいエネルギー供給技術の開発とエネルギー効率の改善-を挙げている。

話を聞いているだけで眩暈がしそうなくらい、中国は技術革新が進んでいますね。
もちろん彼らは圧倒的な独裁政治で各国の技術者を引き抜いて、それをなんも恥じずに、やったもん勝ちと堂々としたものです。
よく、中国は固定為替相場なのでドルの借金がすごいって言ってますけども、それは民間レベルのバカな富裕層が借金を抱えているだけであって、中国は切り捨てることが可能ですし、なによりも自国でさまざまな供給力を成長させていますので、何にも怖くない状況なんですね。むしろ彼らは貪欲に傍聴をして隣国を取り込もうとしている訳です。
ですので、もう中国がヤバイと言っている人たちは工作員で、中国脅威論を払拭するために印象操作をしていると考えた方がいいでしょう。
為替で不利になるのは自由経済にとって問題ですが、輸出国になってしまえば、それはどんどん物を輸出できる体制すなわち80年代の日本のようになんでも売れるようになるので、国防とリンクしている中国は、他の国から輸入をしなければいいだろう?と急ピッチでイノベーションへの国内投資を急いできた訳です。
これは共産党の利益のためなのでお間違い無く。
それでも国は栄えるわけで、歴史を紐解けば、軍事力のスピンオフには必ずと言っていいほど、鉄道が鍵になります。イギリス、ドイツ、アメリカと覇権を握った国は必ず鉄道により規模の経済を広げ輸送技術を上げます。
しかしこのリニアの実用化は日本が技術を作り先にやれるはずでしたが、

財務省様の緊縮で宝の持ち腐れで終わるんでしょうかね。静岡県知事がどうのとかはおいておいての話ですよ。別のルートに通せばいいだけの話ですから。緊縮でなければねー。

市の内部資料によると、松井市長や市幹部らが21年6月29日に対策を協議。この場で示されたIR推進局の資料には、土壌汚染対策250億円▽液状化対策400億円▽地中残置物の撤去20億円――が「試算最大値」として記されていた。松井市長はこの試算も踏まえ、「IRが成り立つ土地を提供するのが市の責務だ」と主張し、市による費用負担を容認した。

 その後、市は21年12月21日に約790億円の負担を正式決定した。その際に公表された費用の内訳は、土壌汚染対策360億円(試算比110億円増)、液状化対策410億円(同10億円増)だった。地中残置物の撤去は試算と同じ20億円だった。

あれれれれーーーー???
公費の上乗せはまずいんじゃないの松井さん。国は金を使いすぎだもう使うな!公務員は金食い虫だから非正規にする!病院は空いていて維持費だけで大変だから保健所もいらんし、病院もなくします!
図書館とか美術館とか文化とかには一歳金をだしませんくらだらん!国会議員は文通費使いすぎじゃー!国民はもっと身を斬るべきだ!

ってやってきて、公約違反となるこれ以上IRに工費はかかりません。と言っていたんじゃなかったんでしたっけ?市長選とか府長選とかね。
ちゃんと記事も残ってますね。

詭弁を弄して「市民負担」を否定したのにはワケがある。松井市長は過去に「税金はかからない」と“公約”していたのだ。

 2016年12月22日に大阪市平野区内で行われた説明会で、市民から「カジノ誘致に税金を使っていいのか」などと指摘されると、当時、府知事だった松井市長はこう答えていた。

「特定の政党が間違った情報を流布してますけど、これだけははっきり言っときます。IR、カジノに税金は一切使いません。民間事業者が大阪に投資してくれるんです」

 ここまで“ハッキリ”と言ってしまったからこそ、慌てて取り繕っているわけだ。そもそも松井市長は、税金がかかるとは思っていなかったようだ。

大阪維新の嘘を国民・いや大阪府民は許していいんでしょうか。
このままではもっともーーーーっと大阪の衰退は止まらないでしょう。
かつては東京の次に栄えていたんですが、いまは名古屋の方が経済成長しているらしいでっせ。
どんだけ無能な政治家を選び続けるんだろうか大阪って。

zx2





経済同友会ってクズしかいませんが、このJSRという半導体、ものづくりをしている人は危機感を感じているので、まともなことを言っていますね。損保ホールディングスの桜田っていう消費税増税しろって騒いでいる介護中抜きビジネスの馬鹿野郎とは違って、まともすぎますね。
頼むからこういう人に経済界を引っ張っていただきたいと思います。ふつうにまともな人はいるということです。

経済同友会・小柴満信副代表幹事
「これからのテクノロジー(技術)っていうのは、国力でもあり、武器化もしますし、非常に国力にとって
クリティカル(重大)になってきているわけですね。その技術が(海外に)不法に盗まれていくと。そういうような事例が散見されるようになったというところからいくと、(法整備は)日本政府としても当然でしょう」

――半導体を含めた機微技術の洗い出しについては、「産官学で頭脳を持ち寄って連携すべき」としていて、機微技術の保護と開発支援が進むよう、政府に働きかけていく意向です。

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)
高橋 和久
早川書房
2012-08-01




変異する資本主義
中野 剛志
2021-11-17




こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング

掲載媒体:あまちゃん
カジノに必死になって公費負担するのに、生活に必要な医療費は削る大阪維新の会の謎。

※各文章・画像は掲載媒体・および各媒体に表記の通りの権利者に付属します。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!