なんかおかしいよね、今の日本

知る幸せと選ぶ喜びを 「にほん」の「ほんもの」伝える サッカー元日本代表の中田英寿さん

最新コメント(意見投稿自由)
アマテラス
アマテラス
本日も我らが祖国日本と世界の動向に注目。

人気ブログランキングに参加しています。
こちらをポチッ とお願い申し上げます。

 

 

知る幸せと選ぶ喜びを 「にほん」の「ほんもの」伝える サッカー元日本代表の中田英寿さん:時事ドットコム (jiji.com)

 

知らなかった本当の日本

 

 サッカーの世界から離れること14年余り。日本史上最高の選手とも言われ、欧州でも確かな実績を残した元日本代表の中田英寿さん(44)は今、日本文化の持つ魅力に引かれ、その素晴らしさを伝える活動に取り組んでいる。新たな「世界」で、サッカーと同じように情熱を注げる場所を見つけ、終わりなき旅を歩んでいる。(時事通信運動部・前田悠介)

◇ ◇ ◇

 2006年6月。ワールドカップ(W杯)ドイツ大会を最後に29歳で現役を引退した中田さんは、その後に世界各地を回る旅に出た。

 「サッカーをずっとやってきたので、自分が他にどんなことができるか、どういったことに興味があるか、まずそこを知ることが大事だと思い、世界を旅することにしました」

 ところが、約3年をかけて各国を回る道中で、中田さんの関心はその国ではなく日本へと次第に傾いていった。

「いろんな国や地域に行くたびに、日本について非常に多くの質問を受けました。しかし、学生の頃はサッカー一筋で、さらには21歳でイタリアに行ってしまったので、なかなか日本を回ったりする時間もなければ、日本文化を勉強する時間もなく、日本について答えられることがありませんでした。この先、どんな仕事をするにしても海外に行けば、必ず日本のことを聞かれる。だったら、何よりもまず日本のことをきちんと勉強し伝えることができるようになるのが、日本人である自分にとって一番重要なことだと思い、日本に戻って来たのが09年です」

 日本のことについて詳しく知らないという経験は、中田さんだけではないだろう。自分の出身地のことですら、意外に知らない人は多いのではないか。

現地を訪れ、五感で感じる

 09年。車1台で沖縄から北海道を巡る日本一周の旅が始まった。中田さんは現地を自ら訪れ、現地の農家や職人と会って話し、体験、体感することにこだわった。それは、やがて「にほん」の「ほんもの」を伝える旅マガジン「にほんもの」を通して情報を発信することにつながっていった。

 「インターネットで出てくる情報は、海外の方でも簡単に(情報を)調べることができます。逆に日本人でも実は知らないような情報やその土地に根付いた文化、そこに行かなければ分からない情報が大事なんじゃないかと思いました。なぜかというと、文化とはその地域の生活に密接に結びついているので、そこに行かなければ分からないと思ったからです」

 「現場に行く重要性というのは、言葉に表せないその場所、その人の雰囲気を感じ取り、実際に彼らの仕事を見、体験すること。ただ見ているだけだと、技術がすごい人ほど簡単そうに見えるんですが、自分が体験することによって、その難しさ、大変さがよく分かる。それが非常に大事なことで、本当にそこに行かなければ絶対に分からない情報なんですね。重要なのは五感で情報を感じ取るということでしょうね」

 

半年のはずが7年の旅程に

 

 当初、半年くらいで終わると想定していた日本一周は約7年にも及んだ。農家や工芸家、日本酒の酒蔵など各地で触れる文化、人、モノは、中田さんにとって全てが新しく、好奇心をくすぐるものにあふれていた。各地で訪れたのは、多くの人が日常生活で接するモノがほとんど。だからこそ、そこに意義があり、伝えたい思いが強いという。

 「当然ながら、知らなければ何を勉強すればいいか分からないし、何に興味があるかも分からない。農家や工芸家の元を訪れても、最初は全然何も分からなかった中で、少しずつ現場で話を聞き、体験をして、知識を蓄えていった。そうすると理解できるところも増え、興味がどんどん増していった。さらには農家や工芸家の情報も最初はネットや本で調べていたが、人のつながりで紹介されたり、専門家などからの情報も入るようになった。結果、九州では一つの県を3、4日くらいしか滞在していませんでしたが、それが最終的に東北に行く頃には一つの県に1カ月半とか2カ月、北海道に至ってはいた日数としては3、4カ月だと思いますが、回った期間でいえば1年ほどかかったと思います。それくらい情報が集まるようになり、いろんな人たちを探せるようにもなって自分の興味が広がったということでしょうね」

 「農作物、お茶、日本酒、工芸品、調味料など普段生活で触れているモノであれば、みんな知っているはずなのに、実際にはどういうふうに作られているとか、どういう違いがあるのかを知っている人が実は少ない。だから選んで買っているようで、実際、選べている人は少ないのではないか。そこには、すごい価値が眠っているなと思いますね。なぜかというと、毎日消費するものを自分好みで選べるようになると、毎日が楽しくなるから」

 こんな経験はないだろうか。ワインや日本酒、しょうゆなどたくさんの種類が並んだ商品棚を前に、高揚感を感じながらもどれを選べばいいのか分からない。結果、いつも同じモノを選んでしまう。中田さんが思いを共有したいのは、まさにこの部分だ。

 「選び方を知っている人は、安くてもいいものを選べるんですね。選び方を知っていることによって、自分好みを買うことができるようになってくると、生活がより楽しくなる。ファッションなんかが最たるものだと思います。知ることによって、日々の生活のクオリティーが間違いなく上がります。実際に自分もそうでしたから。もしかしたら、最初は面倒くさいのかもしれないけど、より楽しい生活を送っていくためには最低限の努力が必要だと思います」

一昨年、第2の「旅」を再開

 一昨年、日本を巡る第2の旅を再開した。目的も変わって「生産者と消費者をつなぐ」をテーマに、各地を回っている。新型コロナウイルスの影響で、移動や人との接触が制限される状況になったが、それは逆に今までオンライン化されにくかった地方の伝統産業の活性のチャンスと捉えることもできる。中田さんは、生産者の顔や商品の背景にあるストーリー、その土地の文化や歴史まで見えるような発信を目指している。今後はオンラインに自らが体験して感じた「世界」を「情報」とリンクさせ、生産者と消費者をつなげていきたいと思っている。

 「これまで、自分なりにできる情報の発信はしてきましたけど、それだけでは足りない。もう一歩進んで、体験できる場所までつくっていく必要性があるんじゃないかと考えています。雑誌やラジオでの発信、また映像も撮ったりして、さまざまな形で生産者たちの情報を伝え、最終的には消費者が体験できる(買える)ためのプラットフォームまでつくっていくということです。情報と体験する場所を連動させることが一番重要だと思っています」

 「以前はコミュニティーというと、一つの場所に集まることが大事でしたが、インターネットがこれだけ発達してきて、いろんなものが世界中から取り寄せられるようになってくると、オンラインでの信用あるコミュニティーをどういうふうに形成していくかが重要だと思います。その時には僕は毎日の生活にこだわりたい。だからこそ、素晴らしい生産者「にほんもの」を多くの人たちとつなげられるプラットフォーム作りこそが、最良のコミュニティー作りになるのではないかと思っています」

 

 

日本人ほど日本のことを知らない民族はいない

 

と言われています

 

これも戦後の自虐教育の弊害です

 

お読みくださり有難うございます。

最後に、こちらをポチッ とお願い申し上げます。

掲載媒体:なんかおかしいよね、今の日本
知る幸せと選ぶ喜びを 「にほん」の「ほんもの」伝える サッカー元日本代表の中田英寿さん

※各文章・画像は掲載媒体・および各媒体に表記の通りの権利者に付属します。

アマテラス
アマテラス
みなさんの意見をコメント欄で聞かせてください。

意見

アマテラスをフォローする

アマテラスをフォローする
タイトルとURLをコピーしました