三橋貴明公式ブログ

ラーメン一杯、2000円の時代

最新コメント(意見投稿自由)
アマテラス
アマテラス
本日も我らが祖国日本と世界の動向に注目。


株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「食団連発足とコストプッシュ型インフレの正体」(前半)三橋貴明 AJER2022.5.3 令和の政策ピボット呼びかけ人に「HAL YAMASHITA東京 エグゼクティブシェフ 社団法人日本飲食団体連合会 副会長 山下春幸」様が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 万国の万国に対する闘争「資源」が最も重要な無秩序な世界が到来した[三橋TV第546回]三橋貴明・高家望愛https://youtu.be/VCvVCK6LyCI シンガーsayaの3分間エコノミクス【第35回 生産性】動画をご覧いただきありがとうございます!ぜひ、チャンネル登録、高評価、コメントをお願いします。チャンネル登録はコチラ▶︎http://dpweb.jp/38YouTube* * * * * * * * * * *▶【チャンネルsaya】はこちらです。https://www.youtube.com/channel/…youtu.be 現在の日本は、デフレーションという需要不足と、輸入物価上昇に起因するコストプッシュ型インフレという二重苦に陥っています。【日本の需給ギャップ(対GDP比%)】http://mtdata.jp/data_79.html#GAP デフレギャップはコロナ禍でリーマンショック期を上回るほどに拡大し、その後は4%ほどで横ばいになっています。蔓延防止法の影響で、2022年1-3月期は拡大しているでしょう。 本来、デフレギャップ(需要不足)がある以上、物価は全体的に下落していくはずですが、そこに輸入物価上昇が襲い掛かってきた。  例えば、需要が拡大した際の値上げは、こうなります。値上げ前:付加価値単価(100円)x販売個数(100個)=所得(10,000円)値上げ後:付加価値単価(110円)x販売個数(110個)=所得(12,100円) 上記の場合、単価は10%上がっているものの、販売個数が増えているため、実質の所得は上昇しています。(単価の上昇のみでは、実質の所得は上がりません)需要の拡大に基づく単価の上昇、実質の所得の拡大。これが、我々が求めていたデマンドプル型インフレです。 それに対し、コストプッシュ型インフレはどうなるのか?  売上原価の上昇を「製品・サービス単価」に乗せたとしても、別に付加価値が増えるわけではありません。当然、所得も変わらない。 そして、支出側において、我々は、「所得は増えていないにも関わらず、支払いのみが増えた」 ということで、消費税増税と同じ可処分所得の減少となります。となれば、次の需要が減る。 【池田悠 一続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載媒体:三橋貴明公式ブログ
ラーメン一杯、2000円の時代

※各文章・画像は掲載媒体・および各媒体に表記の通りの権利者に付属します。

アマテラス
アマテラス
みなさんの意見をコメント欄で聞かせてください。

意見

アマテラスをフォローする

アマテラスをフォローする
タイトルとURLをコピーしました